ディーゼル車は維持費が安い?

国内メーカーで唯一ディーゼル車を推進しているマツダ

昔のディーゼル車は『燃費がいいが環境に悪い シンプルで壊れにくい 』というイメージでしたが、今のディーゼル車は『 燃費がいい 環境にいいが複雑で壊れやすい 』というイメージがあります。

日本の排ガス規制に適合させるためにメーカーは排ガスを減らすフィルターをつけるわけです…そして運転の仕方によってはススがフィルターにたまりやすくなりエンジンに不具合がおきます。エンジンオイルも専用の物が指定されています(専用なので値段は高くなってしまいます)

近距離を『チョイ乗り』ばかりするとススがたまりやすく、ひどくなると『エンジンチェックランプ』がついたりエンジンがかからなくなったりします。

オークションでも 『エンジンチェックランプ』 が点灯しいてる最近のディーゼル車けっこう見てきました。治すのにフィルターを交換となるとかなりの金額が…

僕は昔のディーゼル車のシンプルさが好きだったので最近の複雑なフィルター付きのディーゼル車は好きではないのですが、なんとか昔のディーゼル車のようになってくれればと思いますがこのご時世無理でしょうね (^^;

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です