ハーフカットで輸出されたクルマの行方は?

以前にご紹介した熊谷のナイジェリア人 クルマをハーフカットしてコンテナで輸出していますが 、これはコンテナに無駄な隙間をなくすためにやっています。

こんな感じでパズルのように組上げてスペースに無駄が無いように積み上げます。まさに職人技!

コンテナ輸送はコンテナ1本で輸送料金が決まっているためなるべく多くの部品を詰め込んだ方が部品あたりのコストも下がってきます。

『ハーフカットしたクルマは現地で溶接して中古車として使う(ニコイチ)』といった話 僕も聞いたことがありますがそんなことはないでしょう (^^; 中古部品として再利用されます。

中古車輸出と部品輸出 手間がかかるので 部品輸出 の方が利益がでます。中古車輸出はオークションで落札して港に入れるだけですからね~

この部品輸出は手間意外に『解体業許可』が必要という大きなハードルがあります。必然的にライバルが参入しずらいのである程度の利益が確保できるのでしょうね。

『解体業許可』 は取得するのはかなり大変なのでとらないでモグリでやってるところも多いとか…

熊谷のナイジェリア人もたぶんモグリです (^^;

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です