体験!バッテリーが終わるとラジオから不気味な声が…

深夜 軽トラック スズキキャリーを北本から八王子まで運転したのですが、半分以上走ったあたりでラジオから聞こえるアイドルの声がみるみる不気味な声に まるでホラー映画 (゚o゚;

すると今度はスピードメーターが0kmになったりもとに戻ったり 呪われてる!?

実は電気が足りていない時におきる現象です (^^; オルタネーターがいったか!?

すぐに暖房を消して ラジオを消して ヘッドライトを消してポジションランプにと 必要最小限の電気使用にとどめました。

なんとか目的地に到着できました やれやれ助かった (^^;

オルタネーターが壊れたと思いましたが原因はバッテリーでしたね。 途中まで普通に走っていたのにバッテリーが空になるのは初めて経験しました。 途中まで普通に走れていて電気系のトラブルになる場合はオルタネーターの故障が原因の場合が多く、こうなるとバッテリーが空っぽになり次第 エンストとなります。

20年前のクルマだったのでオルタネーターの発電量も劣化して少なくなっていたのかもしれませんね (^^;

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です