自動ブレーキ義務化 高齢者事故は減るか?

赤羽一嘉国土交通相は17日、国産の新型乗用車を対象に、2021年11月から自動ブレーキの搭載を義務付けると発表した。歩行者への衝突を回避するなど国際基準と同等の性能を求め、メーカーに認定試験を課す。既存の車種やモデルは25年12月以降に販売する車に適用する。20年1月に関連制度を改正する。

日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53440790X11C19A2MM0000/

今年は高齢者の事故が目立ちましたね~思わず目を覆いたくなるような事故もたくさんありました (><)

クルマはますます自動化されAIに支配されていきますね~

昭和生まれの僕としては自分で運転する楽しみが次第に無くなっていくので悲しいです~

高齢者のこういった悲惨な事故が多発している以上、自動車メーカーに対する安全対策の要望が高まるのは当然なものだとは思いますが…

この『 自動ブレーキ 』は

  • 時速40キロで走行中、前方の停止車両に衝突せず止まる
  • 60キロで走行中、前を20キロで走る車にぶつからない
  • 30キロで走行中、時速5キロで横断する歩行者にぶつからず停止する

を満たすようにするようです。

残念ながらよく耳にした『アクセルとブレーキの踏み間違え』には対応していないようですね~

事故が起こるたびにいつも思うのですが、マニュアル車に乗っていたらこの事故は無かったのでは?ってことです。

『高齢者にマニュアル車は難しくて無理なのでは?』と思う方もいると思いますが いやいや~今の70代以上の高齢者が免許をとったころはAT限定免許なんて無かったハズ!

現実問題として今はマニュアル車は商用車以外はほぼ絶滅なので買うことが難しいのですが、メーカーが作ればいいだけのこと!こうゆう声がほとんど聞こえてこないのは何か見えない力があるのかな~と勘ぐってしまいますね (^^;

免許返納もいいですが、 AT限定 ならぬMT限定免許を創設するとか…

でも高速逆走はお手上げですね (><)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です