警察官の対応ってこんなもの?②

僕はクルマ置き場を鴻巣に借りていて車庫証明を取りますが、自宅の駐車場で車庫証明を取る時もあります。

鴻巣(クルマ置き場)→熊谷ナンバー(最高5台車庫証明取得できる)

北本(自宅)→大宮ナンバー (最高2台車庫証明取得できる)

となるのですが、気分に応じて?使い分けたりしています (^^)

ある時鴻巣がMAX5台、北本がMAX2台でこれ以上車庫証明がとれない時があり、次のクルマの名義変更の期限が~とあせっていました。

なんとか北本のクルマが1台売れて『申請できる!』と鴻巣警察へ 顔なじみの車庫証明係の人が『明日午前10時に確認にいくけど在宅してますか?』と、『いますよ』と了承して翌日自宅で10時に待ち構えてました。

ちょっと時間があったのでメジャーで駐車場を測ってみるとどう考えても2台入らない (^^;

『おかしいな~もう1年くらい2台申請して問題なく許可取れてたのに…』???

程なくして 車庫証明係の人が バイクでやってきて『2台入らないね~』と

う~ん (^^; たしかに入らないのは事実なんだけどあなたたち1年くらいここに2台許可出してきたでしょう!?

いったい何を確認してきたの!!と口には出しませんでしたが…

しかもこの 車庫証明係の人がは何回か確認にきているはず!

でも最初は僕が自分で測って2台入ると確認したので、僕が間違えて警察も間違えた!? 1年以上も! 10台弱は許可取ってきましたから (^^;

もちろん申請できませんでした…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です